あなたは、普段は薬をのみますか。年齢が上がってり、持病があるとやっぱり常用する薬も出てくるでしょう。とはいえ、なるだけ薬は飲むのはさけたいものです。しかし、薄毛を改善しようとすると、薬に頼らざるを得ないのです。

■育毛剤でなかなか毛が生えない理由は
これまでは育毛剤など頭皮に塗ってマッサージするのが、毛を生えさせるためにすることでした。しかし、頭皮からだと、時にはその育毛剤がなかなか中まで浸透しにくいこともあったりして、効果が出にくいケースもあるのです。個人差にもよりますが。

また、頭皮に塗っても、髪には毛周期があり、そこには脱毛期や休止期、発毛期とサイクルがあって、それをみこしてつづけないといけませんが、なかなか育毛剤を使うのが続かないといったこともあるのです。本来は3ヶ月以上は続けてみて、その頃から効果も少しずつなのですが、3ヶ月もやったのにと諦める人が多いのです。

■体の中から発毛効果を
こうしてみると、頭皮に育毛剤を使っても、個人差もあり出にくい人も多いはずです。そこで、体の中から発毛効果を出していきませんか。それにはミノキシジルタブレットを使ってみるといいでしょう。ミノキシジルには塗るタイプもありますがタブレットとして、飲めるようにもなっています。

飲めるタイプだと、まず、毎日続けやすいです。さらに体の中から発毛を促進していきます。というのも、血管を広げて血液の流れもよくするからです。さらにミノキシジルの成分が逃避全体に広がるので毛根にもより働きかけてくれるのです。毎日簡単に続けられるので、毛周期のサイクルもあまり気にせずに、飲み続けるだけといえます。

なお、体験者によれば1~2ヶ月目くらいで、うぶ毛が生えてきたなんて声もあるので、一般的な育毛剤よりも効果は早いと言えそうです。

■効果に満足
毛を濃くする効果もあるので、薄い毛ではなくうぶ毛のあとには、しっかりとした毛が生えてきます。しばらく使っていたら、黒々とし髪になったということで、利用者の満足度も高くなっています。